納棺 儀式

故人と触れ合う最後の機会が納棺の儀式

納棺は故人があの世に行く為の旅支度を行う大切な儀式です。また、遺族にとっても故人の死を受け入れる区切りとなるものになります。

 

納棺の儀式はご遺体の安置が済んだ後、通夜の前に親族の手で行います。

 

まず、故人に死装束を着せます。宗派によって違いは有りますが、仏式では白い着物(経帷子)を着せます。

 

着物は左前に合わせて、上帯を締めます。腕には手甲という寒さや日焼けから守る為の装束を付けます。足にも同様に身体を守るための脚絆と呼ばれるものと足袋をつけます。

 

その他には、三途の川を渡るために必要なお金が入った頭陀袋や、数珠、編笠、杖などを用意します。

 

死装束として定番の白の三角巾は、最近では着せずに横に置いておくだけの場合が多いようです。

 

準備が整いましたら、入棺します。この時は故人の家族みんなで声を掛け合って行うとよいでしょう。葬儀社のスタッフの方も手伝ってくれます。

 

そして、最後に副葬品として故人が愛用していたものを納めます。

 

金属や陶器などの燃えにくいものや燃えないものを入れるはやめましょう。火葬した際に、遺骨を痛めてしまいます。また、不完全燃焼の原因にもなってしまいます。

 

副葬品がすぐに決まらない場合は、すぐに入れてなくても構いません。告別式の出棺までに考えておきましょう。

 

最後に棺の蓋を閉めて、納棺の儀式は終わります。この後は通夜になります。

 

 

※最近では、死装束は故人の望む服装で行うことも一般的になっています。その際は、経帷子や白の三角巾などは着せずに棺の中にご遺体と一緒に入れておくことになります。