葬式 お寺 檀家

檀家にならなくても法要には来てもらえる

お葬式をきっかけにお経を唱えてくれたお坊さんのお寺の
檀家になるのは少し前までは確かに一般的な流れでした。

 

しかし、現在では必ずそうしなくては
いけないわけではありません。

 

最近では檀家にはならず、法要(初盆や一周忌、三回忌など)のときのみ
お坊さんを呼んで読経してもらうというケースが増えています。

 

このような場合、お墓は霊園(共同墓地)に置くことが多いです。
霊園は通常宗派を問わずお墓を置けます。

 

そこで法事のたびに縁のあるお坊さんに来てもらい
読経してもらうというわけです。

 

もちろん葬儀や各法事の際にはお布施を渡します。

 

ただ、檀家のようにお寺の維持費などの寄付をする必要はありません。
法事の際だけの付き合いになるわけです。

 

また、縁があるお坊さんがまったくいなくても今は葬儀社が
各宗派のお坊さんを紹介してくれるので、心配ありません。

 

その際、同じお寺に何度も頼むことになりそうなら、
名刺をいただいて次からは自分でその都度
お願いするというのがよいでしょう。

 

地域によっては檀家になるのが当たり前な所もあるかと
思いますので、ご近所さんに確認しておくことも大切です。

 

ちなみに、檀家にならないようにするコツも少しあります。

 

お坊さんにお墓の相談をしないことです。

 

お墓をお寺に置く=檀家になるということだからです。

 

また、予め霊園に墓地を買っておいて、そこに納骨すると
決めておけば、例え誘われても断りやすいですよね。

 

 

今は定額のお布施で法事、法要のときだけお坊さんに
来てもらうよう手配してくれるサービスがあります。

 

お布施の費用が怖い、縁のない地元のお寺に頼むのが億劫だという方は
ぜひこのサービスで頼むとよいでしょう。

 

もちろん、檀家になる必要はありませんので、ご安心ください。

 

 

全宗派に対応しています。
>>【定額】法事・法要の僧侶手配サービス